輸入住宅の構造と工法

main-img

賃貸物件の一戸建てを選ぶときは、構造と工法にも注目しましょう。


同じ木造建築の一戸建てでも、日本の伝統的な在来工法と、輸入住宅とでは構造と工法が異なることが多いからです。



輸入住宅は頑丈な木材を使用している一方で、日本の在来工法とは異なる設計で仕上げられることが多いです。


ポイントは耐震性です。



輸入住宅の木造建築は、耐寒性や断熱性にも強さを発揮できる木材が使用されることが多く、耐震性の信頼度が高い傾向にあります。

在来工法との違いは、柱の太さに注目すると理解しやすいです。日本の建売分譲住宅の場合は規格が統一されいることが多いため、柱や梁に使用される木材が、三寸五分で統一されている場合が多いです。


三寸五分と比べると四寸のほうが太くて耐久性も高まります。

輸入住宅では八寸の角材が使用されることもあり、抜群の耐久性が発揮されています。同じ延床面積であれば、柱と梁の角材の太さに注目することで、地震や風圧に強い住まいを選びやすくなるので覚えておきましょう。

輸入住宅の原産地が寒冷な地域や積雪する地域であれば、積雪の重量に耐えられる強度を誇っていますので、地震や風圧にも強い住まいです。



風圧は、台風などの強風時に一戸建てにダメージを与えす。


地震よりも風圧のほうが長時間に及ぶことも多いので、季節風や台風の影響を受けやすい地域では、耐久性の高い柱と梁の住まいを選ぶように心がけましょう。

賃貸物件の場合は、延床面積と築年数が家賃に影響するので、柱や梁が強い住まいだからといって家賃が高くなるとは限らないのも魅力です。

納得の真実

subpage01

輸入住宅とは、海外の設計やデザインの住宅を資材別に輸入して日本国内で建築した住宅を指します。近年特に人気が高まっており増えている建築様式です。...

more

みんなの常識

subpage02

住まいにおいて重視するポイントというのは色々とありますが、デザイン性を重視する人にとって魅力的な住まいといえば輸入住宅です。いつまでも色あせることのない気品さ、重厚感、華やかさなど、質の高い優れたデザイン性は多くの人にとって魅力的に映るもので、長く住み続けるのにも向いています。...

more

学びたい知識

subpage03

家を建てるときには、普通は土地があればハウスメーカーに依頼します。日本のハウスメーカーの技術はレベルが高いのでいい住宅になるのは間違いないですが、その価格は一般で建売住宅を購入するよりも割高になりがちです。...

more

基本知識

subpage04

輸入住宅の定義にははっきりとしたものはありませんが、一般に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」とされています。その魅力は、まず基本性能の高さです。...

more