輸入住宅は安いが注意も必要な場合も

subpage01

家を建てるときには、普通は土地があればハウスメーカーに依頼します。

日本のハウスメーカーの技術はレベルが高いのでいい住宅になるのは間違いないですが、その価格は一般で建売住宅を購入するよりも割高になりがちです。

ニューヨークスタイルの浜松の輸入住宅のマニアックな情報をお届けします。

確かに自分の思い通りのオーダーメイドの家を持つことは理想ですが、やはり総合的な費用は高額になります。

では安く住宅を建てるにはどうすればいいのかと言いますと輸入住宅という方法があります。



これは現在料を主に海外で調達している分日本での木材調達よりも安くすみ、中にユニットで輸入されてきてそのユニットを組み合わせて作る輸入住宅があります。今では為替は以前とくらべて円安ではありますが断然海外の方が原材料ははるかにやすいのでコストは日本で住宅を組み立てる人件費コストを加えても費用は大幅に削減できます。


中に日本で同じものを作る費用の半分以下になる場合もありますので魅力的です。しかしこの輸入住宅は価格は安いですが、難点があります。その難点とは、日本の建築の規格に合わないものもあるということです。
中には日本での使用が禁止されている製品もあり、そうなると購入ができても輸入そのものができないこともあります。このあたりは輸入住宅の手続きの代行サービス業者の質の問題ですので購入を考えるときには、実績ある信頼できる業者に依頼しないといくら輸入材料で構成された品質のいい安いものであっても、無駄な買い物になってします。