快適な居住性の輸入住宅

subpage01

輸入住宅とは、海外の設計やデザインの住宅を資材別に輸入して日本国内で建築した住宅を指します。

近年特に人気が高まっており増えている建築様式です。



輸入住宅の人気の理由としては、デザインの素晴らしさと高い機能性によって実現された快適な居住空間です。日本の本来の住宅とは異なり、間取りはバリアフリー仕様が多く取り入れられ、ゆとりのあるものとなっています。


また断熱性や遮音性か高いことや、耐久性や耐震性に優れるなど性能の高さも人気の理由となっています。


個性的なデザインが多い輸入住宅ですが、ヨーロッパスタイルと北米スタイルではデザインに大きな違いが見られます。ヨーロッパスタイルの住宅では素朴で自然と調和したデザインが主流で、重厚ながらもあたたかみが感じられます。北米スタイルは開拓時代のスピリットが今も息づいており、子孫へ代々受け継いでいく財産として、堅牢ながらも華やかなスタイルの家がデザインの主流となっています。
ヨーロッパスタイルも北米スタイルも日本の住宅の基準寸法と比べると大きく、完成すると一回り大きなゆったりとした住空間が広がります。



輸入住宅は高品質の木材を生産している国々から生まれています。
そのためよく乾燥した防虫・防腐加工が施されている木材が使用されているので、高い耐久性を誇ります。



また住宅の構造は面構造が主流であり、壁全体が柱の代わりに建物を支える非常に耐震性能の高い造りとなっています。